HANZOYA

ご予約・お問い合わせ 045-434-8989 毎週月曜日・火曜日定休
最新情報は、当社HPカレンダーをご確認ください

SOULAGÉ

嚥下フレンチ「スラージュ」

歯科医師や専門家と数年かけて研究開発した科学的調整技術と医学的信頼性に基づき、
そこにフランス料理ならではの技法と文化・感性で彩りされた嚥下フレンチが「スラージュ」です。

スラージュの意味は?

フランス語で「ホッとする」「優しい」、ヒンドゥー語では「太陽」の 意味です。
その音の響きからも、温かくて優しい、明るいイメージが広がります。
潰しやすさ、飲み下しやすさ、片手でのすくいやすさなどに配慮し、
誰にでも食べやすいフランス料理の総称として名付けました。

 

嚥下食は、ほぼフランス料理

ピュレ、ジュレ、ムースなど、フレンチの特徴的な調理技術と理論が、摂食嚥下調整食の食形態に適しているため、フレンチの技法をそのまま活用することで、単なる”食べやすさ”を超えたテクスチャー(食感、香り、味わいなど)を表現できます。
柔らかい食感で変化がつけにくい分、単調にならないよう、
多彩な食材とソースの香りのインパクトでメリハリをつけられるのも、フレンチならではの技法。
健常者が見ても楽しく、食してもおいしく、嚥下食とは気づかないほど、限りなくフランス料理。健常者の家族や友人と一緒に同じものを食べて楽しむことができるのが最大の魅力です。

 

片手で食べられる安心フレンチ

一人ずつの嚥下機能の状態を事前にヒアリングし、とろみなど食形態のレベルは細かく調整。
お肉やお魚もお皿の上では一見硬そうに見えても、
片手でスプーンで崩れ、口の中でつぶれるほど柔らかくなるよう、調理法を工夫しています。
ナイフ&フォークを使わず、全て片手でスプーンで食べることができ、片手でもすくいやすい形状のお皿や、握りやすいグリップのスプーンなど食器にも配慮いたします。
調理法や対応の判断が難しい場合は、医師や管理栄養士に相談し、
状況により医師の同席など医療の専門家によるサポート体制も備えることも可能です。

 

フレンチの美の感性で五感を活性化

食器、盛り付けなど、トータルな「美しさ」を大切にし、五感で楽しむフレンチの文化は、見た目にも美しく、身体だけでなく、心にエネルギーを与えてくれます。
五感で楽しめることこそが、「またあれを食べたい」と楽しみにするモチベーションにもなり、生きる活力につながるのです。
主に安全面と栄養価が配慮されてきたこれまでの「病院食」「介護食」「嚥下食」に、
フレンチの感性で、彩りと希望を添えます。

 

◆ HANZOYA MAISON のパンスフレ ◆

パンスフレは敷地内にあるパン工房 Champs de Ble´(シャンドブレ)で焼き上げる、
フランスパンの人気商品フルートシャンドブレを使用。
フルート(フランスパン)の中身を牛乳でふやかし(パンの繊維をバラバラにする)種に、メレンゲを合わせて蒸しあげ、フルートの皮のパウダーとバターを合わせて薄くのした生地を蒸したスフレの上に乗せて、天火で焼いたパン。
召し上がる事が出来ない方でも、お召し上がりになられる方でも、
美味しく楽しくお食事の相棒になる、素敵な料理(パン)です。

 

◆ HANZOYA MAISON スラージュコースのコンセプト ◆

スラージュ(嚥下フレンチ)は、テクスチャーや食べやすさだけでなく、旬や産地香り、色合いや、お皿へのアプローチに重点を置き、創作したお料理です。お食事の制限に関わらず、ご家族様やご友人と食事に分け隔て無く、皆一緒に楽しめます。
※ナイフやホークなどを使用せず、スプーンのみでお召し上がりいただけます。

例:ムースやゼリー、フラン(洋風茶碗蒸し)、蒸し物(低温調理)、圧力調理など

 

■ スラージュコース ¥9.460

【前菜3品・お魚料理・お肉料理・デザート2品・コーヒー・ハーブティー】
※ボリューム少な目、又はメインお魚料理 ¥5.830 *税サ別
※上記以外に、お食事の制限などが御座いました際には、ご予約時にご相談ください。

 

■ ご予約の流れ
  1. ご予約時に事前アンケート(お料理のテクスチャーやボリューム、飲料の濃度など)
    ご力いただきます。※ご予約時(メール・お電話)の際にFAXで送付いたします。
  2. アンケートへのご回答を頂きまして、ご返送ください。
  3. アンケート確認後、必要の可否問わず、電話もしくはメールにてご連絡、
    ご相談させていただきます。
  4. ご予約の確定 ※確定までに7日間程かかることを予めご承知おきください。

 

※上記の料金は全て消費税 10%込みの価格となって御座います。
尚、サービス料8% は別途 頂戴いたします。