HANZOYA

ご予約・お問い合わせ
045-434-8989 毎週月曜日定休
不定休はカレンダーをご確認ください

CONCEPT

ようこそ Maison HANZOYAへ

祖父が農家、父が無類の釣り好きと言う事もあり、幼い頃から自然に触れる機会が多く、
必然的に自然に触れることが好きになりました。

今では、畑や港、地方や中央市場などを巡り、各地域で収穫した食材を市場を通じて仕入れたり、
地元の畑や加工場から手作りの食材を集めて料理をさせていただく様になりました。

お庭の木々や花々の移ろいを感じながら、同じ時間軸にある食材の料理を完全ご予約制(組数限定)の空間の中で、
寛ぎながら楽しんで頂きたいと考えています。

この場所は祖父・半蔵の生地であり、僕の生まれ育った家でもありますから、
Maison(メゾン)HANZOYA と言う店名に致しました。

僕の生まれ育った家でレストランとして、皆さまにおもてなしのお食事が作れることは夢のようです。

料理人になってから、多くのお客様にお食事をご提供させて頂いておりますが、料理人になって良かったと感じたこと。
それは、ご病気でお食事に制限のあるお客様に、お客様がお召しあがりになれる料理をお作りさせていただいた時のことです。

お食事後に僕にお礼を伝えたいと言うので、ご挨拶に行くと、目を赤くして、
「病気になってから外食は一切できなかった。
でも、家族一緒に遠慮することなく、食事を食べて楽しい時間を過ごせた。 シェフ、本当にありがとう。」
そう言って、食事へのお礼をいただきました。

この時、初めて料理人になってよかった。心から嬉しく誇らしく感じた時でした。

この経験の後に、僕はくも膜下出血を患い手術を受けて入院しました。
死を覚悟しましたが、医師のお陰で後遺症もなく、元気に働ける様になりました。
入院中に、術後初めて口にできた重湯やお粥、パンに塗って食べた苺ジャム。
はじめて歩いて行った売店までの道のりの光り輝いた光景。
食べられることの凄さを、今更ながら心に滲みました。

この様な経験を通して、僕のレストランでは、ご病気でお食事に不便がある方やそのご家族も、
安心して食事を楽しむ事の出来る環境を作りたいと思い、施設の設備だけではなく、
アレルギー、ご妊婦の方、お子様連れ、車いすの方、飲み込みが難しい方などと、
一緒にテーブルを囲む方々と同じ料理を気兼ねなく楽しめる環境を整えました。

僕の料理は(質素)を基本に考えられた料理です。
質素とは、素のままの質だと考えていますから、素材の質に最も注目しています。
少しエッジのきいた素材が大好きです。
少しヤンチャな食材と出会うとドキッとしてしまいます。
まるで恋愛のような感じです。

この恋人のような食材に出会って触れ合って作る料理が創作料理 Maison HANZOYA 加藤英二の料理です。

どうぞ、お時間の許す限りごゆっくりとお寛ぎくださいませ。

株式会社ドリームカムトゥルー企画 代表取締役
HANZOYA PARK オーナーシェフ
加藤英二